『ディアトロフ ・インシデント』

今回は『ディアトロフ・インシデント』です。
「これは実話である」という、オカルトファンにとって魅惑の惹句から始まるこの『ディアトロフ・インシデント』は、なるほど、見た後で実際に事件について調べずにはいられなくなる、久々に興味深い“実話系”オカルト映画である。  

f:id:hhroyk:20160417132345j:image
 1959年のソ連で、極寒のウラル山脈をスキーで越えようとした9人の登山グループが遭難する事件が発生。その後、遺体となって発見されたが、その不可解な状況から“ディアトロフ峠事件”と呼ばれることになる。発見された遺体のうち5体は、気温がマイナス30℃にも関わらずほぼ裸体で、そのうちいくつかは激しい外的損傷を受けていたのだ。数か月後にキャンプ地から離れた崖下で、雪中に埋もれた状態で発見された残り4体も、同じように何者かに襲われたような損傷を受けていた。驚くべきことに、中には舌が失われたものまで……。当時は、地元の原住民による他殺関与も疑われたが、周辺には登山隊の痕跡しか残っていなかった上に、犠牲者の着衣から高濃度の放射能が検出されるという不可解な証拠も発見。この他、現場付近で数か月間に渡ってオレンジ色をした謎の光源の目撃談が相次ぐなど、事件は完全に迷宮入り。政府から調査結果が公表されないままソ連は崩壊し、人々の記憶から“ディアトロフ峠事件”は風化されつつあった。そんなある日、アメリカの5人の学生が、この雪山での事件の真相を確かめようと、当時の関係者への取材を開始。やがて彼らは、“地球上で最も近づいてはならないエリア”と呼ばれるディアトロフ峠の現場へ辿り着く……。

この映画の感想はというと…派手さもなく?と思うシーンがいくつもあり、1度観ただけでは謎な部分も2度目で、あ~そーゆー事かと理解できる内容です。
撮影隊のクライマックスのヒントはアメリカの****実験です。