読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『スタートレック』

今回は『スタートレック』です。 突然現れた大型艦に攻撃された、惑星連邦の宇宙艦“USS ケルヴィン”。敵艦への交渉に赴いた艦長の代理として指揮を執るジョージ・カークは、ケルヴィンから総員に脱出するよう指示。艦の医療室で出産間近だったジョージの妻は…

『ミスト』

今回は『ミスト』です。 7月19日の夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。湖のほとりに住むデヴィッド(トーマス・ジェーン)は、妻のステファニー(ケリー・コリンズ・リンツ)、5歳の息子ビリー(ネイサン・ギ…

『ジュラシックワールド』

今回は『ジュラシックワールド』です。 恐竜が卵の殻を破って誕生する大変リアルな冒頭シーンから物語ははじまる。 兄(ザック・ミッチェル)と弟(グレイ・ミッチェル)は1週間の旅にでかける。行き先は叔母(母親の妹)の勤務地でもある、テーマパーク「ジ…

『リディック』

今回は『リディック』です。未来のどこかの星系、ロード・マーシャル(コルム・フィオーレ)率いるネクロモンガーがその勢力をのばしていた。氷の惑星でひっそりと暮らしていたお尋ね者のリディック(ヴィン・ディーゼル)だが、賞金稼ぎたちに追い回されヘリオ…

『インターステラー』

今回は『インターステラー』です。 元宇宙飛行士のクーパーはある日自宅の2階で重力の歪みを見つける。それは何者かからのメッセージで、とある場所を示していた。導かれるままに訪れたその場所は秘密裏に建設されたロケット打ち上げ施設。人類は生物の住め…

『クローバーフィールド』

今回は『クローバーフィールド』です。暗号名“クローバーフィールド事件”の複数の目撃例の一つである。 このビデオは、かつて「セントラルパーク, N.Y.」と呼ばれていた場所“U-447”地区で起こった事件に遭遇した人々の記録である。 5月22日。ニューヨークの…

『インビクタス 負けざる者たち』

今回は『インビクタス 負けざる者たち』です。1990年2月11日午後3時。全世界が注目する中、反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放される。それを機にアフリカ民族会議(ANC…

『裏切りのサーカス』

今回は『裏切りのサーカス』です。派手なアクションシーンはなく、非常に地味な作品です。前半は、人間関係や過去の事件、状況の把握に苦労するかもしれません。東西冷戦下の1980年代―英国情報部の中枢“サーカス”のリーダーであるコントロールはサーカス内に…

ゼロ・ダーク・サーティ

今回は『ゼロ・ダーク・サーティ』感想です。本編は新米CIAの女性が特殊部隊を使ってパキスタンでビン・ラディンを殺害するまでを描いている映画です。2003年、ビンラディンの情報を追跡するCIAイスラマバード支局員。これまでの映画なら家族なり、恋人なり…

『ディアトロフ ・インシデント』

今回は『ディアトロフ・インシデント』です。「これは実話である」という、オカルトファンにとって魅惑の惹句から始まるこの『ディアトロフ・インシデント』は、なるほど、見た後で実際に事件について調べずにはいられなくなる、久々に興味深い“実話系”オカ…

『幸せへのキセキ』

今回は『幸せへのキセキ』実話だそうです。英国人、名前も同じベンジャミン・ミー、『ガーディアン』紙のコラムニストで、実際に荒れた動物園を買って、様々な苦労を重ねて、立ち直らせた、その経緯を書いた著書があり、BBCでドキュメンタリー番組として放送…

『リンカーン』

今回は『リンカーン』オススメ映画です。「リンカーン」を見るまではてっきり「奴隷解放宣言」の話だと思っていました。実際には少し違っていて、この映画は「合衆国憲法修正第十三条」の成立を描くことにより、リンカーンの異なる一面を捉え……そして「リン…

『グラディエーター』

今日からはてなブログはじめました。趣味の映画鑑賞の感想をブログします。初日の今日は、ラッセル・クロウ主演の「グラディエーター」です。もう既にたくさんの人が鑑賞していると思いますが、あえて感想を書き込みたい。帝政期ローマ。マルクス・アウレリ…